2011年08月15日

長生き遺伝子 サーチュインを活性化するには

"近年、雑誌などで大きく特集が組まれ、注目を集めている長生き遺伝子 サーチュインですが、
効果を発揮するためには、長生き遺伝子 サーチュインを活性化させなければなりません。

長生き遺伝子 サーチュインは、カロリー制限時、極度の空腹時に活性化されます。
つまり、飢餓に近い状態で活性化されるのです。

日本などの豊かな国では、まずそのような状況になることはほとんどないといえるでしょう。
では、どうすれば長生き遺伝子 サーチュインを活性化できるのでしょうか。

そこで、注目を集めているのがレスベラトロールです。
レスベラトロールは、赤ワインやピーナッツの皮などに多く含まれているポリフェノールの一種で、
長生き遺伝子 サーチュインを活性化する働きがあることが、近年の研究で解明されています。

良く赤ワインを飲めば長生きするといいますが、これはレスベラトロールの働きによるものなのです。
さらに、レスベラトロールにはさまざまな効果が期待できますので、
毎日の健康のためにも積極的な摂取をおすすめします。
"
posted by 長生き遺伝子サーチュイン at 09:00| Comment(0) | 長生き遺伝子 サーチュイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。