2011年08月13日

長生き遺伝子 サーチュインと放射線の関係について


"長生き遺伝子 サーチュインを活性化するレスベラトロールには、
放射線によって起こる障害についても効果が期待できるといわれています。

実際に、ピッツバーグ大学で腫瘍学を研究しているジョエル・グリーンバーガー博士が
マウスを使って実験したところ、放射線障害に対しての効果が認められたと発表しています。
その理由は、長生き遺伝子 サーチュインを活性化するレスベラトロールが持つ抗酸化作用だとされていますが、
現在のところ、まだ明らかにはされていません。

しかしながら、ジョエル・グリーンバーガー博士の研究が進めば、
放射線障害の治療として用いられるようになる可能性があります。

ただし、ジョエル・グリーンバーガー博士によると、
長生き遺伝子 サーチュインを活性化して放射線障害を予防するには、
大量のレスベラトロールを摂取しなければならず、赤ワインだと毎日3本以上を飲む必要があります。

赤ワインだけで摂取するのはほぼ不可能ですので、サプリメントを上手に活用することが重要だといえるでしょう。
"
posted by 長生き遺伝子サーチュイン at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長生き遺伝子 サーチュイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。