2011年08月12日

長生き遺伝子 サーチュインと脳梗塞について

"長生き遺伝子 サーチュインを活性化するレスベラトロールには、
脳梗塞を予防する働きがあるといわれています。

レスベラトロールは、赤ワインやぶどうの皮、ピーナッツの皮などに豊富に含まれていますが、
ビタミンB群や葉酸をたっぷり含有していることでも有名です。

脳梗塞の原因のひとつに、血液がドロドロになることがあげられますが、
ビタミンB群や葉酸には血液をサラサラにする働きがあります。
そのため、脳梗塞の予防にも高い効果が期待できるのです。

また、レスベラトロールが長生き遺伝子 サーチュインを活性化すると、
血栓が作られるのを抑制する働きが認められているため、脳梗塞はもちろんのこと、
動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの血液が原因となる病気の予防にも効果が期待できるでしょう。

ただし、赤ワインだけでレスベラトロールしても、長生き遺伝子 サーチュインを活性化するために必要な量は
なかなか摂取できません。
したがって、サプリメントを併用することをおすすめします。
"
posted by 長生き遺伝子サーチュイン at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長生き遺伝子 サーチュイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219616128

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。