2011年08月12日

長生き遺伝子 サーチュインと糖尿病・白内障の関係について

"長生き遺伝子 サーチュインを活性化させるレスベラトロールには、
糖尿病や白内障を予防する効果もあるといわれています。

レスベラトロールとは、ポリフェノールの一種で高い抗酸化作用があることでも有名です。
レスベラトロールが長生き遺伝子 サーチュインを活性化させることで、
インスリンの感受性を改善できることが明らかになっており、新たな糖尿病の治療法として、
たくさんの注目を集めています。

ただし、糖尿病への効果を実感いただくためには、最低でも毎日3リットルの赤ワインを飲む必要なため、
サプリメントを上手に活用すると良いでしょう。

また、レスベラトロールが長生き遺伝子 サーチュインを活性化させるということは、
白内障の予防にもつながるという研究結果が発表されています。
しかしながら、どのようになって白内障を予防しているのか、ということが解明されていませんので、
医療現場などでレスベラトロールが用いられるのは、まだまだ遠い話といえそうです。"
posted by 長生き遺伝子サーチュイン at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長生き遺伝子 サーチュイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。