2011年08月11日

長生き遺伝子 サーチュインとガンの関係について

"近年の研究で、長生き遺伝子 サーチュインを活性化する働きがあるレスベラトロールには、
寿命を延ばす働きがあるということはもちろん、ガンの予防効果があるということも明らかになっています。

実際に、アラバマ大学バーミンガム校でマウスを使って実験したところ、
前立腺がんの発症率が87%も低くなったという結果が報告されており、
いかに高い抗がん効果があるかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ガンが発症する原因のひとつとして、ストレスなどで遺伝子が傷ついてしまうということがあげられます。
傷ついた遺伝子がガン細胞に変異することで発症するのですが、
長生き遺伝子 サーチュインを活性化する働きがあるレスベラトロールでは、
ストレスから細胞を守るという働きもありますので、
ガンの予防のためにも積極的に摂取したほうが良いといえるでしょう。

ただし、長生き遺伝子 サーチュイン量のレスベラトロールを摂取するには、
毎日ボトル1本以上の赤ワインを飲まなければならないため、サプリメントを上手に利用することをおすすめします。"
posted by 長生き遺伝子サーチュイン at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 長生き遺伝子 サーチュイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219615816

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。