2011年08月11日

長生き遺伝子 サーチュインと認知症の関係について

"近年の研究で、レスベラトロールが長生き遺伝子 サーチュインを活性化する働きがあるということが解明されました。

また、名古屋市立大学の医学研究科に勤務する岡嶋研二教授と、原田直明准教授らが行なった研究では、
レスベラトロールが長生き遺伝子 サーチュインを活性化することで、
認知症の予防にもつながることが分かっています。

昔から赤ワインには認知症を予防する効果があるといわれていましたが、
なぜ効果があるのかということは明らかにされていませんでした。
今回の研究で、赤ワインに豊富に含まれているレスベラトロールが、
長生き遺伝子 サーチュインを活性化するために認知症を予防できることが解明されたわけです。

また、レスベラトロールが長生き遺伝子 サーチュインを活性化すると、認知症の予防はもちろん、
記憶力がアップすることも分かっており、学力のアップにも高い効果が期待できるでしょう。

最近では、レスベラトロールを配合したサプリメントが数多く販売されていますので、
手軽に摂取したい方にはサプリメントが大変おすすめとなっています。

"
posted by 長生き遺伝子サーチュイン at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長生き遺伝子 サーチュイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。