2011年08月11日

長生き遺伝子 サーチュインとは

"長生き遺伝子 サーチュインとは、細胞の老化を遅らせ、人間の寿命を延ばせる遺伝子のことです。

長生き遺伝子 サーチュインは、アメリカのマサチューセッツ工科大学で生物学の研究を進めている、
レオナルド・ギャランテ教授が2000年に発見し、それ以来様々な研究が行なわれています。

近年の研究で、体が老化していく原因のひとつには、
ミトコンドリアが出す活性酸素であるということが解明されており、
長生き遺伝子 サーチュインには、その活性酸素を消す働きがあることが明らかになったのです。

ただし、長生き遺伝子 サーチュインは、普段は活動していないため、活性化させてあげなければなりません。
レスベラトロールは、長生き遺伝子 サーチュインを活性化する働きがあるということが分かっており、
たくさんの注目を集めています。

レスベラトロールとは、ポリフェノールの一種で、ぶどうの皮などに多く含まれています。
また、レスベラトロールは赤ワインにも豊富に含まれていますので、
毎日の健康のためにも積極的に摂取することをおすすめします。"
posted by 長生き遺伝子サーチュイン at 10:28| Comment(0) | 長生き遺伝子 サーチュイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。